男性の就活の適正なスタイルは?スーツ・ネクタイ・ベルト・鞄・靴細かなとこまで気を利かせよう!

スポンサーリンク

大学生にとっては自分の人生を左右するかも知れない就職活動。

面接官に印象を植え付ける為に他の人とは違ったスーツが良いのか?ネクタイやベルトはどの様な物を選べばよいのか?靴は鞄は?等といろいろ考えてしまいます。

このリクルートスーツの選択で一次面接に落ちてしまうケースも多々あります。面接官は服装や見た目から判断が入りますので、身なりはきちんとしておいた方が良いでしょう。

スーツ選びのポイント!

スーツの色はイメージカラーとして大事

まずは、スーツの色です。

昔は完ぺきにリクルートスーツは紺色一色でしたが、最近では、紺はなかなか見かけないです。社会人になってからも紺色は確実に使える色です。しかし、最近のトレンドは黒です。

黒スーツは意外とスーツとしては着にくい色でもあるのですが、なぜか黒色が目立ちます。または、黒に限りなく近いグレーです。この2色のスーツを購入するのが良いでしょう。

明るいグレーでも有りだとは思うのですが、面接官の印象が明るい色のスーツは悪いようです。なので色は、黒とダークグレーの2着をそろえてください。

ネクタイの色・柄にも気を付けよう!

ネクタイはスーツを引き立たせる一番のアイテムです。ネクタイは数限りなくあるのでどれが自分に合うのかが良くわかりません。ここでも、面接官から視点で考えると避ける色や柄が見えてきます。

奇抜な色や柄は避ける・白1色や黒1色もNGです。ただ、面接の方式によってもネクタイの色や柄を変化させるのも、印象付けには良いです。ほぼ無難な色は、グレー・黄色・青・赤です。

黄色は1色使いではなくポイント的に使う方が良いです。柄はドットまたはレジメンタル(ストライプ)です。

ただ柄は大きくせず小さい物や細い線が良いでしょう。チェック柄もありだとは感じるのですが、カジュアル過ぎる為に印象がマイナスになってしまう傾向があります。

Yシャツは王道の白で!

Yシャツは、完璧に白です。色付きは社会人でも敬遠される可能性もあるので就活にはNGです。

スポンサーリンク

またストライプ入りは会社では使えますが面接ではカジュアル性が高いと判断されてしまう可能性があるので避けた方が良いです。

ベルトにも気を付けよう!

ベルトや靴は、こちらはスーツの色見と合わせるので黒のベルトと黒の皮靴がベストです。

ベルトのバックル部分の色は金色よりシルバーの方が落ち着いた感じがでます。

靴はリクルート用の皮靴で大丈夫です。ただしローファーだとカジュアルになりますので避けてください。

意外と面接官だけでなく他の人は靴を見ていますから、靴は常に磨いておく事が必要です。靴下も黒色1色のもので大丈夫です。間違っても白や原色の様な色は避けましょう。

鞄は黒の手持ちタイプにしよう!

最後に鞄です。こちらも、黒色がベストです。黒の鞄なら何でもいいとは思ってはいけません。

リュックのように背負うタイプの鞄は使用しない方が良いです。確かに両手が空きますので便利なのですが、就職活動で使用する際はやめておいた方が良いです。

また、皮鞄も多く見かけますが、実に皮の鞄は重いので入社後も使用することを考えるのであれば生地タイプの機能性が高い手提げの鞄が良いと思います。

まずは見た目から無難な選択に!

就職活動も時代と共に変化しています。もちろんスーツのトレンドもかなり変化しています。

街で就職活動をしている学生のスーツ姿は初々しいですが、大変申し訳ないのですがどの人も同じに見えてしまいます。

スーツは黒1色の人たちが歩いていると自分のアピールが重要なファクターになるのでしょう。

スーツは身だしなみのチェックと協調性を面接のポイントと考えて良いのでしょう。たかが、リクルートスーツと思わずに、このスーツで人生が決まる可能性もある事を忘れないでください。

ファッション関係やデザイン関係の面接では、私服で来てくださいと言われるところもあります。その業界の特徴やトレンドを生かして控えめな格好で臨むと良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA