面接のときの髪型のNGとの境界線は?就活生らしいスタイル・セットの仕方【就活女性編】

スポンサーリンク

春が近付くにつれ就活の学生の姿が目にとまります。初々しいスーツ姿が懐かしくも感じさせます。

現在の就活は以前と比べものにならない程、激化しています。その激しい競争を勝ち抜かないと就職できない現実。それは男女関係ありません。

女性は男性ほど髪型に厳しい目では見られませんが、やはり清潔感と爽やかさが女性にも求められています。

髪の長さ

先ほど書きましたが女性は男性ほど髪型に対して面接官は厳しい目ではみません。よっぽど酷い限りはチェックされないでしょう。かと言って今までしてきたお洒落な髪型では到底面接ではいい印象ではありません。

TPOをわきまえた長さやスタイルにしなければなりません。髪の長さは極端に長い、または極端に短い(坊主に近い)のはやはり好まれません。自分が面接官だったらを想像して長さを決めた方が良いでしょう。

色やスタイル

髪型はロングの方もショートの方も必ず眉毛が見えるようにして下さい。前髪は短くしておくのがポイントです。多少長い場合は横に流して髪留めで止める事をお薦めします。

おでこを出す事で表情も明るく見え、かつ爽やかさがUPします。また、耳も隠してはいけません。ロングヘアーの方は後ろで一つにまとめるのも好印象を与えるポイントになります。ポニーテールやお団子ヘアーでも構いません。但し、その場合は確実に結ぶ事です。

また髪をまとめるのに、黒ゴムや茶ゴム単体でまとめるのはNGです。見せるためのゴムではないからです。まとめる場合は、単色で派手な色ではないシュシュを使うと良いです。シュシュはカジュアルな傾向にありますので控えめな色を選択しましょう。髪の色は男性同様に黒または地毛に近い色が正解です。

スポンサーリンク

一段くらい明るくても、なんて思ったら確実にはじかれてしまいます。また、お洒落でしていたパーマも当然、就活ではマイナス印象になりますから、早めにストレートに戻しておく事が必要です。

セットの仕方

髪型のセットが肝になってきます。

ショートヘアーの方は前髪をカールやドライアーで軽く浮かせ、横に流すようにしておでこを出すようにしましょう。明るい表情に確実になります。短いので寝ぐせ等が付きやすいので、面接日には出かける前に直しておきましょう。

ロングヘアーの方も、やはり前髪は軽く浮かせ横に流しておでこを出してください。髪を一本にまとめる場合は高い位置で結ばない様にして下さい。

まとめない場合はハーフアップのスタイルが良いです。耳が隠れず女性らしいヘアスタイルになりますので、面接官に好印象を与える可能性が広がります。

NGの境界線

NGの境界線は男性よりはファジーです。注意しなければならないのは、何度も書いていますが清潔感と爽やかさです。

お辞儀をした時にヘアスタイルが乱れたり、前髪が眉毛より軽く長い・まとめた髪の飾りが少し派手などがぎりぎりのラインになります。

まとめ

女性は髪型で仕事をする訳ではないのですが、やはり会社の看板を背負う訳ですから、企業イメージに合った人選が優先になります。

そこで、少しでもマイナスポイントがあれば切り捨てられてしまいます。面接前には一度化粧室に行って鏡をみて最終チェックをしてください。

人は陰で努力した分、努力が確実に実りますから。さあ、爽やかな笑顔で面接に立ち向かってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA