女性の就活の適正なスタイルは?スーツ・インナー・鞄・靴細かなとこまで気を利かせよう!

スポンサーリンク

男子学生と違って意外と就活でスーツ選びに大変なのが女性です。

スーツに関して言えば男性用は裾と丈さえ合えばなんといけますが、女性の場合はスカートの丈やインナー等様々な所で男性よりも注意点が多くなってしまいます。

では女性はどの様なスーツがいいのでしょうか?

色や柄・靴・鞄など、どれを選んでおけばいいのか迷ってしまいます。では、あなたに合うスーツを見ていきましょう。

就活用スーツ選びの基本

就活で重要な要素にリクルートスーツがあげられます。面接官はかなりスーツに対してチェックを入れています。

スーツを着こなしていないと採用されないケースも存在しています。女性ですから個性を出したいのは、分かります。

しかし、企業側は個性を求めている訳ではなく、常識のある人を求めているので、スーツを購入する時は慎重に。

スーツの色は黒またはグレーの2色が良いです。2着持っていた方が無難です。この時に注意しなければならないのが、ストライプです。

かなり細いストライプでも面接官にいい印象は生まれてきません。無地の黒またはグレーのみです。女性の場合はスカートのみしかいけないのか?と疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、パンツスーツでも大丈夫です。

パンツスーツにした場合は、イスに座った時のパンツの丈に気を付けてください。スカートの場合もやはり丈が注意点になります。

いくら足が綺麗でもさすがに膝上または膝丈ぐらいにしてください。当然長すぎるのもNGです。丈の長さは座った時にも注意が必要で太ももがあらわにならない様にして下さい。

インナーの選択

男性はYシャツだけなので苦労はいりませんが、女性の場合はそうはいきません。着こなしも採点されている為です。

ではどのようなインナーを着たらいいのか?と言うと、ズバリ!ブラウスのみです。色は当然の白です。

スポンサーリンク

ブラウスでも胸の開きが狭いタイプと広いタイプがありますが、できれば狭いタイプで形状記憶繊維のものが良いです。襟はフリル等が付いていない普通の物を選びましょう。カットソーでも大丈夫では?と思うかも知れませんが、カットソーではカジュアル傾向にあるので、ここはきっちりブラウスで清潔感を前面に押し出してください。

バックや靴等の選択

女性らしさをアピールしたい所ですが、ここもきっちりしておくことがベストです。お洒落なバックで女性らしさをアピールなんてもってのほかです。ここは、お洒落を我慢して、黒のバックで自立できるタイプがベストです。

サイズはA4サイズが余裕で入るサイズの物を選んでください。ペットボトルを入れても十分な大きさが特に良いです。

次に靴ですが、こちらも黒を選んでください。ヒールの高さは高からず低からずの5cm当たりがベストです。面接官の印象もありますが、移動の事を考えるとこの高さが調度ようのではないでしょうか。

雨等で濡れてしまう事も考えられるので靴は2足用意しておきましょう。ストッキングに関しては女性の方は常に予備を持ち歩いていると思いますので、色だけ注意してください。肌色のものが一番です。色柄が付いているものは避けましょう。

就活のスタイルは控えめが一番!

今回は最低限度の身だしなみを紹介しました。女性らしさを出すにはアイテムも必須なのですが、就職と言う現実の壁にはアイテムはマイナスポイントになりかねません。

面接の内容は良くても身だしなみに問題があると、企業側は弾いてしまいます。ここに書いただけでは到底、対企業対策にはなれないかもしれませんが、常識ある女性であると言う事は認識させる事ができます。

これからが、本番でしょう、気合いを入れて臆することなく挑戦してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA