ビジネスマンの腕時計のおすすめは?新入社員が身に着ける価格帯はいくらまで?

スポンサーリンク

社会人にとって時間はとても大事なものです。学生時代には携帯やスマホで時間の確認をしていた方も社会人になったら、それは相手がいる場合は失礼にあたります。

ビジネスマンにはどの様な腕時計がいいのでしょうか?TPOに合わせて腕時計を選んだ方がよいのでしょうか?

社会人になったら腕時計は必須アイテム

ビジネスマンにとっては、腕時計は必須アイテムです。商談している時に携帯で時間を確認するなんて、完璧なマナー違反で相手先にも気を使わせてしまいます。

腕時計をしていない事をビジネスマンとしてのマナー違反と考える人も多くいます。腕時計をしていないと時間の観念がルーズな人間として見られる可能性が高いからです。

また、カジュアルな腕時計も仕事の時は付けると相手に対して失礼にあたります。仕事用の時計は最低2個は持っていた方が良いです。

社会人で身に着ける腕時計の選び方

ビジネス用の腕時計と言ってもどんな物がいいのか分からない方もいると思いますので。時計の選び方を紹介してみます。

①ビジネス腕時計は見やすさを重視

 単純に長針・短針・秒針と日付の腕時計が見やすいのです。デジタル物はどうしても見にくい場合もあるので、アナログの時計を選びましょう。

②時間の正確さも重要

 購入したては時間は正確ですが、時間が経つにつれ時計の電池消費によって遅れが生じたりもします。ソーラー電池の電波時計が一番正確な時を刻む事になります。

③高級感はそこそこに

 見た目がかなり安っぽい。カジュアル過ぎる等の腕時計をしていると社会人としてのマナーが無い人と見られてしまいます。適度な高級感を持った腕時計がきちんとしたビジネスマンに見られます。

④黒革ベルトに白盤の3針が基本

 金属製のベルトの腕時計でも構いませんが、一つはフォーマル的な腕時計を用意しておくのも、出来るビジネスマンに見えます。
この4つの重要なポイントで腕時計を選択するのが良いでしょう。

金額別ビジネス用腕時計

ここでは、5万・10万・20万別にお薦めの腕時計を紹介していきます。

①5万円までの腕時計

この辺りの金額の腕時計をしていれば、まず問題はありません。

新入社員や20代前半のビジネスマン等は、この金額あたりの腕時計を選択すると良いでしょう。

お薦め腕時計
SEIKOの「機械式腕時計」の「メカニカル」
SITIZENの「エコドライブ搭載」の「コレクション」

この2社でお薦めできる腕時計です。メカニカルは機械式腕時計であるので電池交換等の必要性がありますが、問題はありません。

②10万円までの腕時計

この金額周辺を購入していくビジネスマンは40代からが多くなっています。

この年代は、社会的地位もある程度、高い所にあるので、国内メーカーだけでなく、海外メーカーも視野に入れておくと良いでしょう。

お薦め腕時計
HAMILTON JAZZMASTER Viewmatic

SEIKO BRIGHTZ

アメリカメーカーのHAMILTONの腕時計は革ベルトを使用しているフォーマルな腕時計です。

スポンサーリンク

この両方とも、金額に見合った機能とデザインです。40代以降の方の腕に調度良く高級感もありながらビジネスマンらしいものです。

③20万円までの腕時計

この辺りの金額の腕時計になってくると、新入社員や20代の方には申し訳ありませんが選択しない事です。

得意先の方に失礼にあたります。この金額あたりは高級感がありますのでやはり、40代以降のビジネスマンに調度良いです。

お薦め腕時計
ダグホイヤー アクアレーサー

ユンハンス マイスタークロノスコープ

ダグホイヤーはスイス製・ユンハンスはドイツ製です。

どちらも精密な腕時計であり、ビジネスマンの腕時計としては最高級に近いものがあります。ダグホイヤーのアクアレーサーは金属製で武骨さもありますがデザインが繊細です。

マイスタークロノスコープは革ベルトを使用した一見シックに見えますがデザインが立体的になっており、繊細でありながら優美と言った感じです。

新入社員のうちは高い腕時計は無意味

ビジネスマンにとっては無くてはならないアイテムです。

若い世代は得意先や会社の上司の事も考えて腕時計を選択するように心がけましょう。確かに高級腕時計はデザイン機能的にも優れてはいますが、ビジネスライクではそれがマイナス要因になってしまう可能性も秘めているのです。

会社での地位や社会的地位に合わせた腕時計をするのが、社会人としてのモラルでもあるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA